ニキビができてしまうことで、いじってしまったりして跡に残ってしまうことがあります。

ドラッグストアで売られている薬を使うことも効果的ではありますが、さらに根本的な治療ということになりますと、皮膚科での治療の方が効果があります。医師に診断してもらった上で薬を処方してもらうことになりますが、塗り薬もよく効きますし、ニキビに効く飲み薬を処方してもらうこともできます。

抗生物質も使い方次第で、ニキビにも効きますので、内側から早く直していくことができます。基本的には、ニキビの原因としては毛穴に詰まった汚れということがありますので、予防をするということで言えば洗顔を丁寧にするということも重要です。

また、脂性肌の方はオイルカットされているスキンケアを行うことが大事です。油分が入っているものを使いますと、それによってニキビを悪化させてしまうこともあります。殺菌作用がある洗顔フォームなどもありますので、状態に合わせて使っていくと良いでしょう。

出来てしまった場合には、やはりすぐに皮膚科を受診して、つぶすとしても道具を使い医師が行ってくれますので、跡に残らない治療をしてもらうことができます。

もちろん保険も適用となりますので、費用の面でも心配することは有りません。跡に残ってしまった場合には、美容皮膚科などでレーザーを使ったり、レチノイン酸などで皮膚を再生してくということもできますので、とにかく皮膚科を受診しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *