10代後半の人の皮膚の大きな悩みはニキビです。

毛穴が開きオイリー肌であると毛穴が目詰まりをおこして、ニキビができやすくなります。ですが、このような場合でもとてもシンプルな治療で美しい皮膚を取り戻すことが可能なのです。ジェルタイプの皮膚にやさしい洗顔料で洗い、AHA配合のトーナーで皮膚を整えていきあとは日に1度だけ、ビタミンAとベータカロテン、抗酸化物資で配合したジェルを使用するだけになります。

個人差はありますが、おおよそ2か月程度で改善がみられ、このような治療だけでも7割の人に有効な結果が出ているのです。残りの3割の人はより丁寧な洗顔が必要でプレクレンジングとしてミネラルオイルから生成したクレンザーとメイクアップリムーバーを使用し、前述のジェル洗顔を使用していきます。

また、トーナーはより多めにAHAを配合したものかBHAを配合したものを使用し、雑菌のためにティーツリーオイルやそのほかの皮脂分泌を抑制させる成分を使用したりして治療をおこなっていくのです。ここまでおこなってもダメなときはさらに、ピーリングという手段をとっていきます。

また、ビタミンAの経口摂取はさほど重要ではありませんが、1日当たり5000から10000もしくは40000IUまでのビタミンAを経口するとニキビが改善に効果があるとされていますが、それでもダメな場合は、シスレチノイン酸のような特別なビタミンAを経口投与するのです。

こうした有効な治療法がある現在は、もはやニキビを放置して顔に穴やキズあとを残す時代ではありませんので、早めに皮膚科に行くことが美肌の近道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *